赤ちゃんの名付け

出生届の提出は14日以内!どうしても名前が決まらない時は?

名付けた名前は出生届に記載して提出します。提出期限や、遅延してしまった場合など、出生届について解説します。

1.赤ちゃんの名付けは生まれた日を含む14日以内

生まれたら2週間以内に出生届書を提出しなければなりません。(国外での出生は3ヶ月の猶予があります)

注意するべきは生まれた日を1日と数えることです。

生まれたすぐは忙しく、赤ちゃんの名前を考えている余裕は無いため、実際は産まれるまでに考えておく必要があります。

法的な根拠は戸籍法です。

第四十九条 出生の届出は、十四日以内(国外で出生があつたときは、三箇月以内)にこれをしなければならない。
○2 届書には、次の事項を記載しなければならない。
一 子の男女の別及び嫡出子又は嫡出でない子の別
二 出生の年月日時分及び場所
三 父母の氏名及び本籍、父又は母が外国人であるときは、その氏名及び国籍
四 その他法務省令で定める事項
○3 医師、助産師又はその他の者が出産に立ち会つた場合には、医師、助産師、その他の者の順序に従つてそのうちの一人が法務省令・厚生労働省令の定めるところによつて作成する出生証明書を届書に添付しなければならない。ただし、やむを得ない事由があるときは、この限りでない。
出典:戸籍法

条文を読むと、記載事項に子の氏名と明記はされていませんが、届書には子の氏名を書く欄がありますので、記載は必要です。

出生届の記載例は下記の法務省のページから確認できます。

法務省|出生届

届出の期限について以下のような記載があります。

届け出期間
届け出期間は、各届書の説明中「届出期間」欄をご確認ください。
なお、期間の始期は即日起算であり、終期が休日のときは休日の翌日が届出などの期間の末日となります。
届け出期間が定められている届け出で、届け出期間を過ぎたときは、「戸籍届出期間経過通知書」に理由などを記入して、届書と併せて提出する必要があります。
出典:春日部市|戸籍届書に共通する主な注意事項

届出の期間は「即日起算」との記載があります。ですので、生まれた日を含んで14日以内の提出が必要です。

親としての義務ですので、きちんとやりましょう。

関連記事|赤ちゃんの名付けは権利?義務?法律での位置づけについて

2.届出を提出しないとどうなるのか?

第百三十五条 正当な理由がなくて期間内にすべき届出又は申請をしない者は、五万円以下の過料に処する。
第百三十六条 市町村長が、第四十四条第一項又は第二項(これらの規定を第百十七条において準用する場合を含む。)の規定によつて、期間を定めて届出又は申請の催告をした場合に、正当な理由がなくてその期間内に届出又は申請をしない者は、十万円以下の過料に処する。

ルールを守らなかった場合は、過料を科せられる場合があります。過料とは金銭罰ではあるが、罰金や刑罰ではなく、刑事訴訟法は適用されないものです。

実際に遅延してしまう場合は、「戸籍届出期間経過通知書」というものに、遅れた期間や理由の記載が必要なようです。

それが、簡易裁判所に送られて、過料が科せられるか判断されます。

参考:町田市|質問:3153 戸籍の届出期間内に届出ができない場合どうしたらいいですか?

3.どうしても名前が決まらない時は…?

どうしても名前が決まらない場合、というのは、絶対に避けるべきですが、もしそうなってしまったら出生届を出すことは出来ません。

あってはならない事ですが、だからと言って、無理矢理に望まない名前を書いて届出をするのも違うと思います。

おそらく、選択肢は3つでしょう。

  1. なんでもいいので子の氏名を書いて提出する
  2. 子の氏名を未定として提出する
  3. 提出しない

過料が科せられたり、戸籍に履歴が残ったり、いずれにしてもルールを守らないことによる代償か、望んでいない名前になってしまうといっま事態になってしまいます。

4.使いたい名前が無ければ追加できる例もある

珍しい例ですが、使いたい漢字が人名用漢字になっていないために、裁判をして勝ち取ったということもあるそうです。

名付けに使える漢字は2999文字、それにひらがなやカタカナなどの文字も使用可能です。

多くの漢字があるので、名付けが出来ないというケースは稀かと思いますが、割と目にする感じでも名付けに使えない感じはあります。

例えば、「薔薇」「檸檬」「籐」「赫」と言った漢字も使えません。

どんな漢字であれば、認められるのかというと、最近追加された感じの「渾」です。

「渾身」という熟語は日常でもよく使われるかと思いますが、意外にも人名には使えませんでした。

このように、意外な「使えない漢字」が見つかれば、裁判は必要ですが、人名用漢字として追加することができるかもしれません。

5.まとめ

名付けは、赤ちゃんが産まれてから14位内の、出生届を提出するまでが期限です。

産まれるまでに、95%は決めておかないと、産まれた直後は忙しく、新しい名前を考える余裕はおそらく無いでしょう。

最後の最後は、生まれてきた赤ちゃんの顔を見て決める。という人も多いかと思いますが、あくまで最終確認のみで、基本的には事前に決めておきましょう。

使いたい漢字が無いといった特別な事情が無い限り、遅れるべきではありません。あまりに遅れると、過料を科せられる場合もあります。