赤ちゃんの名付け

名前の”読み”はルール無用!?名のりとは?一般的かどうかの判別方法は?

1.名前の「読み方」に明確なルールはない

戸籍に登録する名前に使用できる文字には制限がありますが、 読み方にはルールは存在していません。

住民票にはふりがなが登録されていますが、これは必須事項ではなく、戸籍にも名前の読み方は記載されません。

読み方にルールがないということは、漢字と全く関係のない読み方もできます。

例えば「太郎」という名前の読み方は通常「たろう」ですが、読み方は「ジロウ」でも「ジョン」でも「ハナコ」でも「タロウジロウサブロウ」でもどんな読み方をすることが出来ます。

ただし、当たり前過ぎて明言されていないだけであって、各自治体に判断が委ねられているのが実情のようです。同じ読み方でも、役所によって受理されない場合もあります。

それに、あまりに漢字からかけ離れた読み方では、初めての人は絶対にわかりませんし、覚えてもらうのも難しくなったりと、日常生活にも支障が出てしまうでしょう。

法律でのルールは無いし罰則も無いですが、名前は生活する上で個人を識別するためのツールでもあります。現実的に考えると、まともに使える範囲の読み方であることが求められます。

2.「名のり」とは?

「名前の読み」としてのみ使用される、漢字の読み方です。読み方にルールが無いために出来る事ですが、漢字毎にどんな名のりがあるかは、ある程度決まっています。

人気の漢字である「悠」の「はる」という読みや、「結」の「ゆい」という読み方も「名のり」です。

音読み訓読みだけの名前もありますが、名のりを使っている名前も多くあります。名のりには特殊な読み方も含まれますが、多く使われているものは一般的になっていると言えます。

名のりは基本的にはその漢字からイメージしやすい読みになっています。もしくは昔から使われていたり、ルーツは様々で、名のりとして明確に決められたものは無いですが、よく使われているもの、という意味で、ある程度決まったものがあります。

名のりにはどんなものがあるのかというと、web上の漢字辞書でも名のりが表示されている場合があります。また、名付けの本を買うとそれぞれの漢字の名のりが載っています。ただし、音訓と違って明確な定義があるので、記載されている名のりには違いがあります。

かなり珍しいものも記載されていたり、一般的なものだけに限定していたり、サイトや書籍によって水準が異なっているようです。

3.ランキング上位でも“一般的”では無いこともあるので注意!

例えば、明治安田生命の2018年の男の子の名前ランキングで2位の「湊」という名前の場合、「ソウ」「カナタ」「カナデ」「ミナト」という読みがあることがわかります。

この中で正しい読み方は「ソウ」と「ミナト」の2つだけです。

「湊」という漢字の名のりは「ススム」「ミ」となっていますので、他の2つは「名のり」ですら無いことになります。

おそらくですが、「カナタ」「カナデ」は似た漢字の「奏でる」から連想されているのでは無いかと思います。当然ですが「湊」では「かなでる」という読みも意味もありませんので、一般的では無いと言えます。

女の子の名前ランキングはTOP3に全て「結」の字が使われています。

「結」の読みは「ケツ」「むすぶ」「ゆう」です。名のりは「かた」「ひとし」「ゆ」「ゆい」となっています。

ランキングにある名前の漢字と読みはそれぞれ以下の通りです。

結月:ユズ、ユイル、ユズキ、ユツキ、ユヅキ

結愛:ユア、ユイ、ユナ、ユノ、ユメ、ユラ、メイア、ユイナ、ユウア、ユウカ、ユウナ、ユウミ、ユナリ

結菜:ユナ、ユイナ、ユウナ

「ユ」「ユイ」で始まっている名前は名のりとして成立していますし、「結:ユイ」や「結衣:ゆい」という名前でも使われているため割と一般的ではあります。

しかし、「月」「愛」という字の読み方はそれほど多くなく、「月」は「ツキ」か「ヅキ」。「愛」は「アイ」が基本で、最近では「ア」という1文字での読み方も増えてきているようですので、そこまでが許容範囲かと思います。

「結菜」に関してはいずれも逸脱した読み方では無いと言えます。

このように、 ランキング上位であっても、常識から逸脱した読み方は多く存在しています。

4.読み方が多様化している事例

使われた実績のある読み方も、明治安田生命のランキングで確認できます。

「大翔」という名前を例にあげてみますと、「ヒロト」という名前が最も多いですが、以下のような読み方が使われている事がわかります。

「ソラ」「オウガ」「タイガ」「タイシ」「タイト」「ダイキ」「ダイト」「ツバサ」「ハルト」「ハルマ」「ヒロキ」「マサト」「ヤマト」「タイセイ」「タイゾウ」「タイショウ」「ダイショウ」このランキングだけでも、18種類もの読み方があります。

多くの人が使い続ければ、名のりとして定着するものもあるでしょうが、現状では あまりに多様化し過ぎているという印象をうけます。

また、男の子の読み方ランキングでは、「ハルト」が2018年の1位になっていますが、同じ読み方でも多くの漢字があり、過去の調査結果も含めると、227種類もある事がわかります。

とてもここでは紹介しきれませんが、下記のリンクから確認してみて下さい。

明治安田生命|「ハルト」の読みの漢字

5.まとめ

  • 読み方のルールは無いが日常生活に支障が無い範囲にすること
  • 「名のり」とは音訓以外の名前限定の読みで明確な基準は無い
  • 名前ランキング上位でも一般的では無い読みもあるので注意
  • 読み方の自由さゆえに漢字と読みの組み合わせは多様化している

日常生活に支障がある読み方は避けるべきと思いますが、ルールは無いために読み方は自由です。

「音訓」または、一般的な「名のり」にこだわる必要はありませんが、特殊な読み方にする場合は、特殊である事を理解した上で、しっかりとした理由をもって名付けましょう。

子供が成長した時に「どうしてこの読み方にしたの?」と聞かれたとき、よく考えず何となく付けたら特殊な読みだったと後で気付いた。という理由であれば、子供は残念に思うでしょう。

場合によっては、思いが強すぎるがゆえの、ぶっ飛んだ名前の方が、良いというふうになるかもしれません。

「特に理由のない変わった名前」ほど残念な名前はありません。