赤ちゃんの名付け

赤ちゃんの名付け|「漢字」の選び方!縁起の悪い漢字に注意!?

赤ちゃんの名前を考える時、多くの場合は漢字を使うと思います。

普段使わないような漢字が候補に上がる場合もありますし、どの「漢字」を選ぶのかという部分は結構悩むポイントでもあります。

この記事では漢字選びの際に参考にしてもらえる内容を記載しています。

1.漢字の意味を“ちゃんと”調べる

命名の本を買ってみると、名前によく使われる漢字がずらっと並んでいて、名前の例などと合わせて、漢字の意味も書かれています。

注意してほしいポイントとして、漢字の意味は複数あることが多く、命名の本には名前に使う漢字として良さそうな意味が記載されていることが多いです。

実際に辞書やネットで検索してみると、思っていたのとは違う意味を持っていたりもします。

例えば「脩」という漢字は、

  • すらりと長い
  • 整える

といった良いイメージの意味がありますが、元々は「干し肉を細長く切ったもの」という意味だそうです。

この字は名前用の漢字として一般的で、細長く割いた肉を謝礼として渡していたという由来もあり、良い意味の漢字として使われていますので、悪い例ではないです。

ただ、「干し肉」という意味を持っていることを全く知らずに、後から知るとショックを受けることもあるかと思いますので、候補の漢字はどんな意味を持っているのかというのは、複数の情報源で調べてみるのが良いでしょう。

2.使えるのは「常用漢字」と「人名用漢字」

赤ちゃんの命名に使える漢字は「常用漢字」と「人名用漢字」で、法務省のHPで確認できます。といってもかなり見づらいので、こちらの子供の名前に使える漢字の一覧表 がおススメです。

かなりの数があるので、ある程度絞り込むと検討しやすくなります。姓名判断で画数を限定したり、一度全部目を通して選ぶなどして、候補となる漢字を別の場所に書き出してみると良いかと思います。

3.「名のり」の多様には注意

名前をつける時、漢字選びも大切ですが、読み方もとても重要です。また、人名に関しては「名のり」というものがあります。本来の漢字の読み方とは異なるが、人名として特殊な読み方をするというものです。

この「名のり」にも一般的なものとそうでないものがあり、「当て字」と呼ばれるものも存在します。

「どうしてもこの読み方にしたい。そして漢字はこれを使いたい。」という思いがある人はそのようにして頂いて全くありません。

しかし、ある程度読みやすい、一般的に理解されやすい読み方にしたいと考えているのであれば「名のり」には注意しましょう。

名付け用の漢字サイトや命名の本に普通に読みとして載っている場合でも、結構レアケースの「名のり」である場合があります。”うっかり“誰もが読めない「名のり」を付けてしまわないように、一般的に通じる読みかそうでないかは確認しておきましょう。

4.縁起の悪い漢字について

人命に使用する漢字として「縁起が悪い」といわれている漢字があるようです。漢字の成り立ちを根拠としているようで、オカルト的なものでもあります。

これに関しては、よく使われているような漢字も入っており、気にするかどうかはかなり意見が割れるかと思います。

ここには特にリンクは貼りませんが「縁起の悪い 漢字」とか「凶作用 漢字」で検索すると出てきます。閲覧注意です笑

全く気にしない。という人も大多数いる内容なので、気にしないと決めて“見ない”ようにするというのも、良いやり方だと思います。見ても気にならない。普通に名付けに使えるという方はどうぞ調べてみてください。

5.まとめ

  • 使えるのは「常用漢字」と「人名用漢字」
  • 意味は複数あるのでちゃんとしらべる
  • 使おうとしている読みが「名のり」であるかは知っておく
  • 縁起が悪いと言われている漢字も存在する

赤ちゃんの命名において、漢字選びはとても重要な項目の1つです。

苗字と並べてみたときのバランスや書きやすさ、画数など、他にも選ぶ基準はあり大変ですが、根気よく検討して納得のいく漢字を選びましょう。