赤ちゃんの名付け

【名付けの疑問】読めない名前は”良くない名前“か?をポジティブに考えてみた。

名前の“読み方”が多様化する昨今、一見して読めない漢字や読み方は“良くない名前”だという風潮がありますが、“良くない”と決めつけるのではなく、 読めない名前をポジティブに考えてみました。

私自身、初見では読めない漢字ですが、苦痛に思ったことはありません。これから名付けを行う方はもちろん、自分の名前が読めなくて困っているひとも参考にしていただければと思います。

1.初対面の人との「鉄板トーク」になる

初対面の人と自分の名前を漢字で見せ合うというシーンは、社会人なら名刺交換のタイミングでありますし、学生なら始めて同じクラスになった人とか、相手の呼び方、つまり名前がわからないと先に進まないシーンで、話のネタになります。

私の場合は、ネタになるか微妙なラインの名前なので、話題にするときとしない時がありますが、自分で話を振ったり、「◯◯って読むんですね」と話を振られることもあります。

ただ、名前って社会人になるより前の方が、重要度は高いのかなと思いますので、自己紹介の時に、 難読の名前のことを敢えて出して、◯◯と呼ばれてますと、呼び方を伝えてしまうというのもありかなと思います。

難読の名前には、単純に漢字の音読みを並べただけのあだ名をつけられる。というリスクはついて回るので、それの防衛策として、呼び方に先手を打つことも可能です。

2.「漢字」も「読み」もかぶることは無い

集団生活において、名前がかぶることは結構不便も多いです。呼ばれた時に自分が呼ばれたのかわからないですし、お互いに呼ぶ時も微妙な空気になることが予想されます。

そんなとき、先程リスクになると言っていた、音読みのあだ名が生きてきます。正規の読みは相手に譲って、自分は音読みあだ名にすることで、 正規の呼び名を譲ってあげたやつと、一目置かれる存在になります。

漢字も読みも同じだった場合、自分が違う呼ばれ方をして、もう一人が本来の読みで呼ばれてしまうと、きっと悲しい気持ちになります。逆の場合も気まずいでしょう。難読ゆえに、自ら身を引くことができるので、無駄な衝突を避けることができるようになります。

万が一、漢字も読みも全く同じ難読の人が、同じ集団にいた場合、奇跡の友になることができるので、悪いことは一つもありません。

3.そもそも読めない苗字もたくさんある

「読めない名前」ばかりが注目されていますが、日常生活で、一生使い続けることになる苗字にも難読なものはたくさんあります。

「杠」で「ゆずりは」

「廿楽」で「つづら」

「御菩薩池」で「みぞろけ」

いずれも私の知り合いで実際に存在していますが、変換しても出てきません。他にも沢山の難読な苗字が存在しています。

苗字だって、初見では絶対に読めないものもあり、 大変さは名前以上だと予想されます。変更する場合も、名前より苗字の方が難しいです。

難読の苗字の人は、わかりやすい名前にすることが多そうですが、これは、難読な苗字で苦労したため、せめて名前は容易に読めるものに。という親心がみて取れます。

逆にありきたりな苗字の人は、苗字も名前も平凡で嫌な思いをした。という経験があるなら、名前だけでも特別にしてあげたいというのも親心です。

このような難しい読み方の名字をみていると、名前に関してばかり「読めない」とか「日常生活で困る」と文句を言う人は言い過ぎなのかなと思います。

4.ポジティブに考えても注意点はある

「読めない名前」は悪くない。とは言ったものの、そのような名前を持つ者として、注意すべき点は以下のように、いくつかあります。

  • 必要な場面では”さりげなく“名乗る
    ふりがな等で相手に読み方が伝わらない場面では、自然に、さりげなく、自分の名前の呼び方を伝えるスキルを身につけておくと良いです。
    苗字以上に、名前の読み方を聞くのは「失礼になるのでは?」という思いが邪魔をしてしまい、ハードルが高くなっているように思います。
  • 辞書登録していない場合の変換方法を把握しておく
    自分のスマホやPCでの辞書登録は当然するとして、他人の端末で入力する時、どうすればその感じを出せるかを把握しておくと、いろんな場面でスマートに対応できます。
    今時の時代は少なそうな場面ですが、連絡先交換して相手の電話帳に名前を入れる時など「御菩薩池」さんの場合、「おん・ぼさつ・いけ」という定番のやり方をいめておくという感じです。
  • 電話口での説明を決めておく
    漢字と読みのイメージが離れすぎていると、 電話口で理解してくれないことがあります。毎回「御菩薩池」さんを例に出して申し訳ないですが、「弊社御社の御」「観音菩薩の菩薩」「さんずいの池」といった具合です。

また、これから赤ちゃんの名付けをする方への注意点が1つだけあります。

それは、無理やり読ませるのはやめた方がいいということです。一般的ではないが存在している正しい読み方の組み合わせによって、難読になることは問題ありません。しかし、その漢字としてありえないような読み方を名前にすることは、さまざまな問題を孕んできますので、お勧めしません。

特に以下のサイトにあるような名前は、DQNネームと呼ばれ、蔑視の対象となることが多いですので、どんなものかざっと目を等してください。

参考|DQNネーム

5.まとめ

あらためて、何が悪いのか?というのを考えてみると、「読めない名前」を「良くない名前」だと決めつけている人達は、 自分の常識に当てはまらないものを、良くないものだと決めつけているのではないかと思ってしまいます。

たしかに、俗に言うDQNネームというものは、子供に対して悪い影響を与えることも少なくありません。しかし、名前だけで人生が決まるわけでもないのも事実です。DQNネームをつける親には、自分のことしか考えず子供の気持ちを考えていないおやが、比較的多いということが、「読めない」=「良くない」という風潮に繋がっているのではないでしょうか?

DQNネームと呼ばれる名前をつけられても、立派に育っている人がいることは、最近のTVの特集などでわかってきています。それでいて、名前を本人が気に入っているのであれば、もはやDQNネームではなく、珍しい名前というだけです。

DQNネームを肯定しているわけではありませんが、「読めない」のであれば、説明すればいいだけの話ですので、どんな名前でも、捉え方ひとつで良くも悪くもなるということです。

enable_page_level_ads: true
});