赤ちゃんの名付け

名付けの基本!!わかりやすい名前とは?

戸籍法に「常用平易な漢字」を使用することと定められており、読みについては明言されていませんが、読みやすいものであることが求められます。つまり「わかりやすい名前」であるべきということで、これが「名付けの基本」です。

1.「わかりやすい名前」とは?

親や自分自身はもちろん、誰もが「書ける」「読める」「覚えやすい」ということに尽きるでしょう。

例えば読みについて、「剛志」という名前の場合、読み方は「たけし」か「つよし」か、少ないでしょうが「ごうし」とも読めます。3つのうちどれだろうとは考える必要がありますが、いずれも一般的な読み方で、想像できる範疇なので「わかりやすい読み方」であると言えます。

「剛志」とかいて、「たけし」「つよし」「ごうし」というような予測できる読み方があるにも関わらず、これらとは全く異なるような読み方にしてしまうと、なかなか正しく読んでもらえないことになります。

このように、漢字が本来持っている音読みや訓読みであれば、最もわかりやすいでしょうし、名乗りを使う場合でも、ごく一般的なものであればわかりやすいいと言えるでしょう。

2.「わかりやすい名前」の判断基準とは?

特に名のりについては「明確な定義が無い」こともあって、どれだけ認知されているか、どれだけ多くの人が使っているかということが基準になります。

従来ほとんどもしくは全く使用されていなかった名のりでも、人気が出て、多くの人が永年使用していれば、それは十分に認知された名のりとして認められるでしょう。

名前は特に、その次代に生きる人達にとって、どのような印象を与えるか?ということが重要で、時代とともにその正解は変わってゆくものです。

たとえ辞書に載っている名のりでも、珍しい名字にだけしか使われていないようなものや、昔は使われていたものの、現在ではあまり使われなくなっているような読み方は、今の時代において「わかりやすい名前」「読みやすい名前」とは言えないでしょう。

判断基準はあくまで今の時代、自分の世代、であることは忘れないようにしましょう。

3.候補の名前はGoogleで検索してみる

候補の名前が決まり、その名前が「わかりやすい」かどうかを確認したければ、Googleで検索してしまうという方法もあります。

同じ「漢字&読み」の組み合わせの有名人がいれば、有名人の認知度にもよりますが、その名前はかなり認知されていると考えることができます。

また、フェイスブックも本名で登録している人が多いため、同じ名前の人がどのくらいいるのか?ということを知る参考になります。

検索する際の注意点は、「漢字」と「読み」をセットで確認すること。同じ漢字の組み合わせの人は多くいても「読み方」がどこにもないような名前だと、「わかりづらい名前」認定されてしまいます。

4.変換できるか?も基準の1つ

スマホやPCで変換ができるか?というのも1つの判断基準となるでしょう。

文字入力ソフトによって状況は変わってくるでしょうが、iOSの環境では、先ほどの「たけし」「つよし」「ごうし」はいずれも「剛志」という漢字に変換することができます。

文字入力も時代に合わせて進化していくので、今は変換できなくても、非常に多くの人に使用されるようになれば、変換候補に上がってくる可能性もあります。

変換候補の順位も、学習前であれば、使用頻度が高いものが上位に来るようになっているので、どれだけ一般的であるかということを知る指標にしてもよいでしょう。

5.まとめ

  • 誰もが「書ける」「読める」「覚えやすい」のが「わかりやすい名前」
  • わかりやすいかどうかは今の時代で考える
  • 候補が決まったらGoogle検索
  • スマホやPCの変換候補に出るかも重要

一応法律上は、多少「わかりづらい」名前でも戸籍に登録することができます。

氏名に使用する文字は2999文字の漢字と、ひらがな・カタカナと一部の記号と決められていますので、その範囲の組み合わせにする必要がありますが、文字数の制限は、ありません。

また、読み方については明確なルールがなく、戸籍にも登録されず、住民票に“参考情報”として登録されることになります。そのため、市役所等の裁量に委ねられている状況であり、受理してもらえれば、実質その名前がみとめられたということになるでしょう。

しかし、名前の性質上は、やはり「わかりやすい」に越したことはないのが事実です。

親の思いを込めたいとか、個性的な名前にしたいという気持ちを否定はしませんが、日常生活に問題がない程度の、「わかりやすい名前」の範疇で名付けを行うようにしましょう。