赤ちゃんの名付け

親や祖父から漢字をもらうのはあり?現代の名付けと「通字」について解説

結婚式のエンドロールで一族の名前が並んで流れた時、両親や祖父母と同じ漢字が、名前に使われているのを見たことはないでしょうか?歴史上の有名な将軍家にも見られますが、日本には「通字(とおりじ)」または「系字(けいじ)」とよばれる、先祖の名前から1文字を代々引き継いでいくという文化があります。

自分や配偶者の家がそうである場合は、その流れに乗ることになるかもしれませんが、そうでない人も、自分の子を名付けるときに自分や祖父母と同じ名前を使ってみようと思うことがあるかと思います。

この記事、現代における赤ちゃんの名付けと戦国時代よりも古くから続くとされる「通字」について解説しています。

1.「通字」「系字」とは何か?

その家に代々受け継がれる「名前の1文字の漢字」のことを「通字」や「系字」と呼びます。(以下、通字のみで解説していきます)

この通字は戦国時代よりももっと古くから日本で使われていて、そのルーツは中国や朝鮮半島から伝わったものだと言われています。

昔は、通称名で呼びあうのが普通で、それとは別に「諱(いみな)」という、本当の名前を持っていました。その諱は多くの場合漢字2文字で構成されていて、その1文字に先祖代々受け継がれる漢字を使うというのが「通字」です。

現代でも、両親や祖父母の名前から1文字とって名付けを行うケースがありますが、「通字」の文化が残っていると言えるでしょう。

2.赤ちゃんの名付けに使うのはあり?なし?

両親の名前から1文字とる場合、祖父母の名前からとる場合、などありますが、現代でも一般的に行われている名付けの方法です。

理由は様々だと思いますが、「通字」のルーツから考えると、家族の結束を高めるとか、偉大な先祖にあやかるとか、そう言った意味合いが強いでしょう。

好きな芸能人やスポーツ選手、歴史上の人物から感じをもらったり、同じ名前にしたりというのも、現代においては「通字」と似たようなことで、その人に少しでも近づいてほしいという親の思いがあるように思います。

親の漢字を受け継ぐと、親を超えられない。という話も聞きますが、その話は別でするとして、現代でも一般的に行われている名付けの方法ですので、「あり」か「なし」かでいえば、「あり」だとおもいます。

現在活躍している芸能人でも
父:長嶋茂雄
子:長嶋一茂

また、総理大臣でも

父:安倍晋太郎
子:安倍晋三

など、目にすることも多いかと思います。

この二人とも男性ですが、「通字」は男の子、特に家を継ぐ長男に使われるケースが多いようです。

3.1文字確定するのは一長一短

「通字」を使うので、当然ですが名前の1文字が確定します。名前の最初につけるのか、後ろにつけるのかは選べますが、2文字名であれば、残りは1文字だけになります。

これは一長一短で、つけられる名前の幅は狭まりますが、その反面、その漢字と組み合わせる漢字をもう1つ選べば良いだけなので、名前を決めるのがかなり楽になるのも事実です。

名前が3文字であれば、2つ決められますし、あれこれ悩むよりも、1つ決めてしまうというのもありかもしれません。

4.「自分だけの名前」になる

先ほどの「一茂」の例を使うと、同じ「一茂」という名前はたくさんあるでしょう。ですが、親や祖父母から文字をもらったという人はそんなに多くはないでしょう。

同じ漢字、同じ読みでも、もらった相手まで同じということは、ありえません。

(真面目な話、同じ戸籍に同じ名前は登録できないため、兄弟でも同じ親から同じ名前をつけられるということは、基本的にはありえません)

ですので、例え名前の由来が両親から1文字もらったという理由で同じでも、もらった先は異なるため、自分だけの名前、自分だけの漢字。という意識を持つことができます。

人口の多い名字の人は、名前が被って同姓同名になることも少なくないかと思います。他人と被らない「こだわりの」名前をつけるのもいいですが「通字」を使うことで「見えない差別化」をするのも検討されてはどうでしょうか?

(“こだわりの名前”で被った時が一番きついです)

5.まとめ

  • 「通字」「系字」とは昔からある日本補文化
  • 現代でも一般的に使われている命名法なので「あり」
  • 1文字確定するので、そこは、一長一短
  • 「通字」で「見えない差別化」もあり?

「通字」は赤ちゃんの名付けの方法としてつかえる1つです。

なんとなく、ルーツや現在での状況が理解できたかと思いますので、これから名付けをされる方は、候補として考えてみてはいかがでしょうか?