赤ちゃんの名付け

【女の子】自然をイメージした人気の漢字

明治安田生命の名前ランキングTOP10から自然に関する名前を調べました。

女の子の名付けで人気な”自然”に関する名前

ランキングTOP10の名前に使われている漢字の意味を解説していきます。

結月、結愛、結菜、杏、さくら、凛、芽依、葵、紬、莉子、陽菜、美月


音:ゲツ、ガツ、ガチ
訓:つき
名のり:つぎ
意味:①つき(地球の衛星) ②つき(時間として) ③げつ(曜日)
熟語:月下、月光
解説:月は神秘的なイメージがあります。季節関係なく見えていますが、お月見など、季節と関わるようなイメージもあります。満ち欠けがあることや、いつも見えているのに手が届かないこと、また、日蝕など特別なイメージも持っています。

また、月といえばセーラームーンです。今でも人気ですが、全盛期だった頃にテレビで見ていた女の子が今は大人になって自分の子供の名前をつける立場に変わっています。

直接的にセーラームーンをイメージして名付けているかどうかはわかりませんが、「月」という漢字に対しては、女の子らしくて可愛いというイメージをもっているのではないでしょうか。

また、かぐや姫の話でも、お姫様が月に帰るなど、女性にとっては特別な存在であるため、女の子の名付けでも人気の名前なのでしょう。

音:サイ
訓:な
意味:①食用とする草の総称。 ②おかず。
熟語:菜園、菜食、菜種
解説:「〜ナ」という読みかたの名前でよく使われています。漢字としては「食用の草」という意味ですが、菜の花のイメージもあるので、自然で可愛らしい名前に使われることが多いのでしょう。

音:コウ、キョウ、アン
訓:あんず
意味:あんず。
熟語:杏子、杏花、銀杏
解説:あんずや銀杏など、自然物を表現する漢字です。ただ、この漢字は「自然」をイメージした名付けというのもあるでしょうが、それ以上に、女優の「杏」さんの影響が大きいのではないでしょうか。

芸名として「杏」の1文字で活躍している姿をみて、「杏」という漢字1文字の名付けをする人は多いと思います。

さくら

解説:日本人にとって特別な花である桜そのものですね。さくらには「桜」「櫻」といった字がありますが、あえてひらがなで「さくら」とすることで、柔らかい印象になります。

特別な花であるために、漢字を使わなくても意味を込めることができるのも、ひらがなで人気の理由かもしれません。

音:リン
訓:−
意味:寒さが厳しい。きりっとして勇ましい。
熟語:凛然、凛烈、凛凛しい
解説:「寒くて引き締まる様子」を表した漢字です。「キリッと」したイメージがあり、ラ行の持つクールさからも、少し男性的なようなカッコいいイメージの人を思い浮かべます。

また、「凛凛しい」などの言葉と、身が引き締まるといった意味から、「上品な」とか「洗練された」という印象も受ける漢字です。

自然そのものを表している文字ではありませんが、寒さの厳しい豪雪地帯で、強くたくましく育つ子供を連想することができる漢字です。

音:ガ、ゲ
訓:め、きざ(す)
意味:①草木のめ。 ②きざし。めばえ。

解説:草木の芽を意味する漢字です。芽吹くというイメージから、春を連想することもできます。色としては黄色に近い緑で、自然の中での芽吹きといった明るいイメージを持つことができます。

新しいとか、希望といった言葉にもつながります。

音:キ
訓:あおい
名のり:はるか、まもる
意味:①あおい。(植物)②セリの類。 ③ひまわり
解説:「あおい」という植物を意味する漢字です。また、ひまわりの意味ももっていて、「向日葵」とかいて「ひまわり」と読みます。

「あおい」という植物にはあまり馴染みがありませんが、逆に、日常にあまり関係しない言葉と文字であり、なんとなく自然をイメージさせることが、人気の理由かもしれません。

また、3つ目の意味に「ひまわり」があり、密かにひまわりのイメージを名前に込めたい人にとっては絶好の感じでしょう。

音:リ、レイ
訓:−
意味:茉莉花。ジャスミン。
解説:「ジャスミン」のために作られた感じです。ジャスミンティーは馴染みの深いものですが、漢字としてみることはあまりありません。「茉莉花」は「まつりか」と読みます。ジャスミンは白くて綺麗な花が咲きますし、その花のイメージをそのまま名前に込めるというのでも良いでしょう。

また、ディズニー映画のアラジンに出てくるプリンセスも「ジャスミン」という名前です。ディズニー好きなら、「莉」の文字を使った名付けをするのもありかもしれません。