赤ちゃんの名付け

名づけの姓名判断は験担ぎ?「無料姓名判断の信憑性」について考えてみた

子供の名前を姓名判断で決めるとき、大事な子供の名付けを“無料の”姓名判断で考えるの?という疑問が湧きました。と同時に、有料なら信憑性があるの?という疑問も湧きました。

しかし、そもそもの根拠を示すことは不毛なのでここでは語らないこととして「将来子供が自分で調べたとき、姓名判断について考えてくれなかったの?」というのを防ぐという観点で考えてみました。考えすぎなようではありますが、このように考えている人はなかなかいるのではないでしょうか?

1.無料でもしっかりした内容のものは多い

無料といえど、内容はしっかりとしたものが多いです。それに、あれだけのデータベースを作るのもそんなに簡単なことではありません。

使いやすさにこだわっているサイトもあれば、内容の充実を図っているサイトなど、いろいろです。

信憑性という観点で見ると、結果が大きくずれていないことから、何かしら一定の法則はあるものと考えられます。特に「総格」の意味に関しては、大きな相違は存在していません。

2.様々な流派があるため結果は異なる

大きな相違はないですが、小さな違いは多くあります。

複数のサイトを見るとわかりますが、さまざまな流派があるようです。源流が同じなのか、姓名判断に本当に一貫性があるのかはわかりませんが、大枠は似ています。

流派の違いには、旧字体の扱いや「5格」以外の項目の有無など、元となる漢字の取り扱いや結果の表し方があります。

複数ある無料サイトでも大きく結果が異なることもあり、生年月日も考慮するような有料の姓名判断を含めると、同じ名前でも良かったり悪かったり、最終的に誰を信じるか?という宗教的な話にもなりかねません。

その点も理解した上でどういうスタンスで「姓名判断」を利用するのか?というのは考えておくべきかと思います。

3.複数のサイトで結果を確認した方が良い理由

上記にあるように、同じ名前でも流派によって結果は変わってきます。

子供の名前を考える上では、完璧な名前にしたい!という思いはもちろんあると思いますが、それは無理で、どの姓名判断でも最高の結果になる名前はありえません。

それでも、出来るだけいいものを。というのが子の名前を考える親の思いだと思います。

現実的に考えると、「良い名前にする」というよりも「悪くない名前を避ける」方が妥当です。

同じ名前を複数のサイトで姓名判断した場合、致命的にダメな結果が出ることがあります。他の流派ではない項目が最悪だったりという具合です。「5格」は大体同じになる傾向がありますので。

そういった、最悪の結果を避けるというのが、無料姓名判断を活用する最大のぽいんとだと思いますので、確認するときは、複数のサイトでの確認をお勧めします。

4.無料姓名判断は広告収入か有料コンテンツへの導線

無料姓名判断の信憑性について改めて考えると、何のために無料の姓名判断サイトがあるのか?という疑問に行き着きます。

その答えは簡単で、アドセンスなどの広告収入か有料コンテンツへの導線です。

体感的にですが、前者の広告収入を得るための無料姓名判断の方が精度は高いです。

コンテンツへの導線タイプは、「気になる」「物足りない」結果を出すことで、有料コンテンツの購入を促しているので、ほとんどのものが、いい結果が出ずにその解決法として有料コンテンツを紹介しているためです。

一方、広告収入タイプの無料姓名判断は、コンテンツの質が収入に直結するため、それなりの方程式があり、他のサイトともある程度の整合性は取れているということかと思います。

5.まとめ

結局のところ、有料だろうが無料だろうが信憑性について、誰もが納得する根拠はないでしょう。信じるか、信じないかです。

それではなぜ、本心から姓名判断を信じていない人も、赤ちゃんの名付けをするときには姓名判断が気になるのか?それは結局のところ「験担ぎ」のようなものです。受験の前にカツ丼を食べたりするアレです。

自分の人生の良し悪しを名前の所為にするなどあり得ないと思っている人でも、子供のためとなると、気になってしまうものです。自分の人生ではないからこそ、自分の力ではどうにもならないからこそ、少しでも良いものにしたいと考えるのではないでしょうか。

関連記事:オススメの無料姓名判断はコレ!!赤ちゃんの名付けでの活用法。