赤ちゃんの名付け

名付けた名前は変更可能?改名の場合は”それなり”の事由が必要

1.氏名の変更は家庭裁判所の許可が必要

氏名の変更については「戸籍法」に記載されています。

戸籍法
第百七条 やむを得ない事由によつて氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。
○2 外国人と婚姻をした者がその氏を配偶者の称している氏に変更しようとするときは、その者は、その婚姻の日から六箇月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ないで、その旨を届け出ることができる。
○3 前項の規定によつて氏を変更した者が離婚、婚姻の取消し又は配偶者の死亡の日以後にその氏を変更の際に称していた氏に変更しようとするときは、その者は、その日から三箇月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ないで、その旨を届け出ることができる。
○4 第一項の規定は、父又は母が外国人である者(戸籍の筆頭に記載した者又はその配偶者を除く。)でその氏をその父又は母の称している氏に変更しようとするものに準用する。

第百七条の二 正当な事由によつて名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。

「氏」「名」いずれの場合も基本的には、家庭裁判所の許可が必要になります。離婚などの特殊な事情の場合は、許可を取らずに届け出ることが可能なようです。

それ以外の場合は、氏の変更は「やむを得ない事由」、名の変更は「正当な事由」となっており、 「氏」の変更の方が、重いです。

日本人の名前において、「氏」は所属を表す要素であり、先祖から引き継いできたものであって、通常変えるものではないと考えられるからでしょう。

「名」の方は、同じ所属の中での個人を識別するためのもので、出生時に親が決めるものでもあるので、比較的容易に変更ができると考えられます。

2.改名が認められる正当な事由

「氏」「名」それぞれに、変更が認められる事由の例が存在します。

「氏」については、申立書の記入が必要ですが、記入例にも特に事例は記載されていません。

以下に事例が紹介されています。

私生児として出生して何十年も経過した後で父親に認知され、父の戸籍へ移動した後に、出生時から使用し慣れている母の氏への変更を許可された。

氏の読み方が「おおなら」であり、「オナラ」に通じ読み方が滑稽であるとして、氏の変更を許可された。

外国人が帰化申請する際、帰化の許可が得られないことを恐れて不本意ながら日本風の氏で帰化したが、カタカナによる氏であっても認められるべきとして、カタカナ氏への変更を許可された。

幼少時に受けた性的虐待の加害者である近親者を想起させ、強い精神的苦痛を与えていることから、氏の変更を許可された。

出典:wikipedia

といった内容になっており、「オナラ」については本当かな?と思えるような内容ですが、いずれもかなり重い内容となっており、「やむを得ない事由」というのも理解できます。

また、「名」については、「名の変更許可申立書」というものがあり、「申し立ての理由」として以下の内容が記載されています。

  1. 奇妙な名である。
  2. むずかしくて正確に読まれない。
  3. 同姓同名者がいて不便である。
  4. 異性と紛らわしい。
  5. 外国人と紛らわしい。
  6. 平成 年 月 神官・僧侶となった(やめた)
  7. 通称として永年使用した。
    (使用を始めた時期 昭和・平成 年 月)
  8. その他( )

また具体的な事情という欄には以下のような例文があります。

申立人は高校2年の女子です。戸籍上は乙子となっていますが、幼稚園の時から通称として「丙子」の名を使用してきました。現在では、学校、友人や近所の人々の間では「丙子」として通用しています。今後の進学や就職のことを考えると、社会生活上、戸籍名では不便ですので、変更の許可をえたく申し立てます。
出典:名の変更許可申立書(15歳以上)

また、15才未満の記入例は以下の様になっています。

申立人は、小学6年生の女子です。戸籍上は乙子となっていますが、幼稚園の時から、通称として「丙子」の名を使用してきました。現在では学校、友人や近所の人々の間では「丙子」として通用しています。今後の進学や就職のことを考えると、社会生活上、戸籍名では不便ですので変更の許可をえたく申し立てます。
出典:名の変更許可申立書(15歳未満)

記入例では、「7 通称として永年使用した。」についてきさいされています。他の例が記載しづらいというのもあるとは思いますが、この「通称」に変更するというのが、どの名前の人にも当てはまる可能性があり、一般的とも考えられます。

6番は特殊な事例なのでとくに触れませんが、1〜5はどのような名前がそれに当たるかが比較的明確であり、また、日常生活で困ったという事例があれば、認められるものだと思います。

7番については、現在の戸籍名がどんな名前の人でも、変更可能であるということを意味していて、 「通称名を使用している理由」については言及されないようです。そのかわり、「戸籍名を変更する理由」については明確にして申し立てる必要があります。

例では、未成年の申立人が、今後の進学や就職で不便であるから。ということが理由となっています。おそらくこの場合であれば「正当な事由」と認められるものと思います。

7番のケースだと、通称として永年使用したことがわかる証拠が必要になりますが、同級生からの年賀状や、学校も通称名で通っていたなら、学生証や答案用紙、卒業証書などの学校関連の書類で十分です。

逆に、社会人になってから通称を名乗ろうとすると、なかなか難しいのが現状です。名前が記載されるような書類は、身分証明が要求されることが多く、その場合は戸籍名を使わざるをえないからです。

郵便物や身分証明の不要な会員カードなどは通称名でもかのうですので、そういったもので証拠を集めていく必要があります。

3.読みだけなら簡単に変更できる

こちらの記事でも触れていますが、名前の読みについてルールが明確化されていないからといって、どんな読み方をしても良いというものでもありません。

とはいえ、戸籍に登録される氏名の「文字」にはルールがありますが、は名前の読みは戸籍に記載されていません。

記載されていない以上、「氏」の変更や「名」の変更にはあてはまりません。ではどこに記載されているかというと「住民票」です。

出生届を出す時、当然のようにふりがなを記入する欄がありますが、実は戸籍上必須ではなく、市役所等で管理するために記載しています。

漢字だけ決めて読み方は決めない。という親はいませんので、当然のように記載される部分ではあります。実際空欄で提出されてしまうと、市役所も困りますので、記載を要求されるかと思います。

そのため、「読み」を変更する場合は市役所に行く必要があります。ただし、この「読み」の変更手続きについて、市役所のホームページで説明されているところは見当たりません。これは極端に例が少ないためと推測します。

おそらくこの「読み」の変更意外にも、ほとんど行われない手続きというものが役所には存在しており、それを全てホームページ等で公開してしまうと膨大になってしまうはずです。

ですので、変更の手続きをしたい場合は、住民登録をしている市役所に問い合わせる必要があります。こういった手続きはその市役所によって対応が異なってくるかと思いますので一概には言えませんが、裁判所を挟まないという点でも、氏名に対して比較的簡単に変更が可能であるといえます。

4.まとめ

  • 「氏」の変更には「やむを得ない事由」が必要
  • 「名」の変更には「正当な事由」が必要
  • 氏の変更理由はかなり「重い」
  • 名の変更はあるていどパターンが決まっている
  • 「読み」の変更は市役所に問い合わせてみること

いずれにしても、氏名の変更は明確な「理由」を示す必要があり、簡単なものではないです。これは、名前が名前として機能するためには、誰もが簡単に名前を変えていては成り立たないという事情があります。毎日のように「今日は誰が何という名前で…」なんてやっていたら生活できませんよね。そもそも「誰」を特定する手段がなくなってしまいますし。

特に、社会人になってからだと、身分証明の意味が濃くなるため、名前を変更したい場合は、学生の間に通称使用をしておき、大学進学や就職のタイミングで改名する方が良さそうです。