体験談

自分の価値を上げたいならオーディオブックで"耳"から知識を吸収するのが効率がいい

この記事について

この記事は、現在「オーディオブック」というサービスを利用していない人に向けて書いています。この記事を読んで“耳から知識を入れる”ことをやってみようと思って頂ければ幸いです。

1.目を使えない「スキマ時間」

忙しい現代で「自分の価値を高める」ことにおいてスキマ時間の活用は有効な手段で、普段スマホを持ち歩いている人であれば電子書籍がスキマ時間をとても有意義にしてくれます。

ちょっとした電車の待ち時間やエレベーターに乗っている数十秒でも、サッとスマホを開けばすぐに読む事ができ、スマホ1台で文章をハイライトしたりメモを残したりもできます。

それでも歩いたり車を運転している時間や単純な作業をする時間には、目を使って情報を入れる事は出来ませんが、そんな「目を使えないスキマ時間」を有効に活用できるのが「オーディオブック」です。

2.オーディオブックとは?

「オーディオブック」とは”書籍を朗読したもの”です。朗読のプロがイイ声で朗読したものを聴くことで、耳から本の情報をインプット出来るというサービスです。

「オーディオブック」には主に

  • audiobook.jp
  • audible

のどちらかという感じです。電子書籍と違って人間が朗読して音声データにする必要があり参入障壁が高いためかストアが乱立している感じは今のところ無いので、どちらかを選ぶ形になります。

オーディオブックでは無いですが「Voicy」というインターネットラジオのサービスもスキマ時間の活用におススメです。

3.どちらが良いのか?

audiobook.jpとaudibleを比較するサイトは調べると無数に出てきます。(アフィリエイトサイトも多いですが)

現在ではaudibleがコイン制になった事で比較が難しいですが、ヘビーユースする場合は使い方によってどちらが適しているかは変わってきますが、初めての人はaudiobook.jpの聴き放題をお勧めします。

4.audiobook.jpの聴き放題をお勧めする理由

世の中には様々な”自分の価値を高められるサービス”がありますが、多くの人は「お金がかかる」とか「面倒だ」という理由で“自分にとって価値のあるものか?”を試すことすらせずに見送っています。

だからこそ、企業側も1ヶ月無料とか全額返金サービスとかで”まず、試してもらう”ことを重視しています。

現在、どちらのサービスでも1ヶ月無料キャンペーンをやっていますが、audibleはコイン制であることで分かりづらくなっており、「返品」を活用しないと本来の良さを享受出来ないため、それが障壁になってしまい良さがわからないまま使わなくなってしまう事が予想されます。

一方audiobook.jpの聴き放題サービスは文字通り聴き放題(聴き放題は一部の商品ですが)なので、とりあえず気になった本をダウンロードしておいて聴きたい時に聞く事ができるので、精神障壁なく試すことができるので初めての「オーディオブック」にお勧めです。

audiobook.jpはこちら

5.もっと気軽に耳から知識を入れる体験をするには「Voicy」がお勧め

2019年2月現在、耳で学べるコンテンツは色々あります。以前からあるラジオやPodcastもいいですが、Voicyはパーソナリティに選考があり、その道のプロが語っているチャンネルが多くあり、アカデミックな内容が多いように感じます。

最近、YouTubeでも「学び」系の動画が多く、音声だけでもわかるものもあるようですが、スマホでバックグラウンド再生するためにはプレミアム会員登録が必要なこともあり、敷居が高いです。

Voicyなら音楽を聴く感覚で聴けるので、通勤やジョギングのお供にすぐに馴染むのでお勧めです。

Voicy公式